Home > Archives > 2009-02

2009-02

ブラウザでの表示位置


Progressionのプロジェクトパネルでは、ブラウザで中央表示とか、100%とか、ブラウザで最小サイズを制限とかいろいろ設定出来るんですが、これとこれを組み合わせたら、ブラウザでどう表示されるの? って思ってたので、まとめてみました。

以下に表示している画像の幅・高さに設定されている数値は、気にしないでください。

あとイラストの黒枠=ブラウザ枠。赤い点線=ブラウザ枠の中心。青いBOX=Flashコンテンツを表しています。

ブラウザで中央表示

ブラウザで中央表示

ブラウザで中央表示

ウィンドウのサイズの変えても、コンテンツは常に中央に表示されます。

ブラウザで中央表示+幅100%

ブラウザで左中央に表示

ブラウザで左中央に表示

幅を100%にチェックを入れると、コンテンツは左・中央に表示されます。

ブラウザで中央表示+高さ100%

ブラウザで中央上に表示

ブラウザで中央上に表示

高さを100%にチェックを入れると、コンテンツは中央・上に表示されます。

幅・高さ100%+最小サイズ制限

ブラウザで左上に表示

ブラウザで左上に表示

この状態だと、コンテンツは左上に表示されます。

幅・高さ両方の(100%の)チェックボックスにチェックを入れると、自動的に最小サイズ制限にチェックが入ります。

ブラウザの最小サイズ制限を使いたい場合は、幅・高さ両方の(100%の)チェックボックスにチェックを入れる必要があります。

どちらか一方でもチェックを外してしまうと、最小サイズ制限のチェックが外れて、ブラウザで中央表示にチェックが移ってしまいますので、気をつけましょう!

一重引用符(’)だとシンタックスエラーになる


フォーラムにてniumさんに教えて頂いて判明したこと。

JSFLコンソールで一重引用符(’)を使用していると、実行するボタンを押した際、シンタックスエラーになってしまいます。

例えば、こんな感じ(ライブラリにMovieClipシンボルを作成するコード例)

var lib = fl.getDocumentDOM().library;
lib.addNewItem('movie clip');
if (lib.getItemProperty('linkageImportForRS') == true) {
  lib.setItemProperty('linkageImportForRS', false);
} else {
  lib.setItemProperty('linkageExportForAS', false);
  lib.setItemProperty('linkageExportForRS', false);
}

これを実行してしまうと、以下のようなものが現れます。

シンタックスエラーだよ!

シンタックスエラーだよ!

僕が検証してみたところ、どうやらこれは、3.1.0以降を使っていると起こる現象みたいです。(3.0.8では一重引用符でもエラーにならなかったので…)

そんなときは、一重引用符を二重引用符に置き換えてあげればエラーは起こらなくなります。

var lib = fl.getDocumentDOM().library;
lib.addNewItem("movie clip");
if (lib.getItemProperty("linkageImportForRS") == true) {
  lib.setItemProperty("linkageImportForRS", false);
} else {
  lib.setItemProperty("linkageExportForAS", false);
  lib.setItemProperty("linkageExportForRS", false);
}

何故、一重引用符を使ったのかというと、ウィンドウ→その他のパネル→ヒストリを使って、こういう時にはこういうものを使うのねぇ…と思って、必要な箇所をクリップボードにコピー。それをJSFLコンソールに貼り付けて、(マニュアルを見ながら)いろいろ調整したからでした。

ヒストリパネルを使って作成したコードは、何故か一重引用符になっています。(マニュアルでは二重引用符なのに…)

どうやらこれが問題だったみたいです。

これは余談ですが、(一重引用符で)作成したコードをConfiguration>Commandsフォルダの中に入れて、メニューから実行する分には、問題ないみたいです。

次期バージョンからは、(JSFLコンソールでも)一重引用符を使っていても大丈夫なようにniumさんが対応してくださるみたいですよ。

それまで&旧バージョンを使用していて、シンタックスエラーが出た時は、上記の手順をお試しください~!

★追記(2009/02/27)

一重引用符でも動作するように、niumさんが修正してくださいました。

対応、早すぎです。

ダウンロード先など詳細は、フォーラムにてご確認ください。

ここが分かれば、私にも!


ライブラリ、フレームワーク、Subversion等に関して

  • ここの説明があったら、自分でも使えそうなんだけど…
  • 導入の際、ここ気を付けた方がいいよ!
  • (Progressionとかで)こういったサンプルがあったら、便利だよね!
  • そもそもSubversionって、何で使うの?

といった、疑問・質問・アドバイスをお持ちの方。

ハードルを下げるにはどうしたらいいのか…

今後のエントリの参考にさせて頂きたいと考えています。

ご意見等のお持ちの方は、この記事にコメントを付けて頂くか、メールにてお願い致します。

メアドは、flabaka あっとまーく gmail どっと comです。

皆様のご協力、宜しくお願い致します。

前代未聞の発表


昨日のSpark Project勉強会 #07で、「ActionScriptが一切出てこない発表」なんていう前代未聞な事をやらかしてきました。

そんな発表にOKを出してくださった(心の広~い)yossyさんに感謝!

昨日のスライドをアップしておきましたので、よろしければどうぞ。(使用フォントを変更してあります)

ライブラリ=便利なモノ

これは疑いもないことなんですけど、誰にとって便利なモノなの? っていう疑問がずっとありました。

僕:ライブラリって使ってる?

友人:便利そうだとは思うんだけど… あれってSubversion(以下SVN)だよね?

僕:中にはzip形式のもあるけど、多くはそうだね~

友人:だから、まだ手を出せてない…

DreamWeaver CS4からSVNの機能が搭載されたからといって、まだ(SVN)使ったことがない人の方が多いんじゃないかと…

ハードルが高い

非プログラマにとっては、SVNって結構どころか、かなりハードルが高い。(僕もそうでした)

「何でSVNなの? zipでいいじゃん!」って。

(どちらかというと)ライブラリは、プログラマの人向けなんじゃないか?

けど、本来ライブラリっていうのは、非プログラマの方にとって便利なものであるべきなんじゃないか?

そんな考えを抱いてました。

というのも、非プログラマにとってライブラリというものが、プログラムを始めるきっかけになるんじゃないかと思っているからです。

ライブラリって楽しい! って思ってもらえれば、もっとやってみよう! とテンション上がってくるだろうし…

一つクリアしても、またハードルが…

(SVNをクリアして)頑張ってコードを落としてきても、

wikiやasdocを見る→???→使うのを断念

こんなパターンもあると思うんです。

このハードルをクリア出来なきゃ、使えません~! 的なことって、どうなの?(それって、優しくない!)

なので、ライブラリの導入部分のハードルをもっと下げてあげれば、みんなハッピーになれるんじゃないか? って。

その方法が、僕の書いたふざけた文章なのか? trick7さんのteraさんclockmakerのYasuさんがやられている様なビデオ形式のチュートリアルなのか? 勉強会&セミナー形式なのか? wiki&asdoc形式なのか?

これは、こちら側(提供する側)で決める(限定する)べきではないと思うんです。

選択肢を沢山用意しておいて、実際に使う人が(その中から自分にあった)どれかを選べばいいんですから…

そんなことを思っていたので、あのような発表をさせていただきました。

僕のふざけた文章がその一役を担えるというのなら、喜んで今後も書かせてもらうつもりです。

JSFLコンソールのバグ


JSFLコンソールでバグが発生する件について、ちょとだけ検証してみました。

以前JSFLコンソールを使用した際は、「ファイルの保存、きちんと出来たよなぁ…」と思っていたので…

まずは、Progressionをダウングレードしてみることに…

3.1.3→3.1.2→3.1.1→3.1.0→3.0.8までバージョンを下げると、ファイルの保存&実行するボタンを押した際に、不具合は発生しなくなりました。

ふむふむ。

次に3.1.0にアップグレードして、同様のことを行うと、エラーになってしまいました。

どうやら3.1.0のアップグレードの際に、何やら問題が発生したものと予測されます。

で、3.1.0のリリースノートを見てみたところ、以下の様な記述がありました。

E4X のような特殊なフォーマットを含むコードが、正しく実行できるように修正しました。

3.1.0以降のリリースノートには、JSFLコンソールについての記述がないので、3.1.0以降は(JSFLコンソールは)修正がされていないかと…

ですので、このE4Xに対応したのが問題なのでは? と思っています。

とりあえず、ここまで。

Home > Archives > 2009-02

Search
Feeds
Meta

flashDevelopスポンサー

Return to page top