Home > Archives > 2011-05

2011-05

新しいブログを始めました!


こっそりと新しいブログを始めました!

ブログタイトルからも分かるかと思いますが、WebStromに関する個人的なメモです。

WebStormは以前、東京てら子で(バージョンが1.0の時)サラッとデモしたことがあります。

その後バージョンが2.0にあがり、どんな感じになったのかを検証する意味合いも含め、個人ライセンスを購入してみました。

今なら半額セールをやっているので、お得かと思います。

WebStromのサイトはがっつり英語(DLできるPDFも英語)ですし、Google先生にお世話になろうにも日本語のブログもまだそんなにないことから、ちょっと始めてみました。

最初はゆる〜いネタばかりを投稿していくことになるかと思いますが…

WebStormに関する情報を、共有出来ればと思っています。

という訳で、宜しくお願いします。

今月&来月の東京てら子に関して


今月と来月の東京てら子に関してのご連絡です。

今月(5月)の東京てら子は、諸事情(会場&運営側の都合)につき、開催しない運びになりました。

楽しみにしてくださっている皆様、ごめんなさい…

次回の東京てら子は、6月開催予定(日時は未定)です。

次回のテーマは…

@bkzenさんから、(次回の開催は来月ですが)早めにテーマを発表してはどうでしょうか? 時間的にも余裕が出来て、より良いものになりそうなので…とのご提案がありました。

ナイス、アイデア! 即採用です!

ということで、次回のテーマを発表しちゃいます。

『ドキッ、JavaScriptだらけの240分』(仮)

以前に大阪てら子さんでも、やられていましたよねぇ…

今回は(まだ決定ではありませんが)自由発表枠を設けずに、JavaScriptオンリーで行こうかとも考えています。

JavaScriptのこんなこと知りたい(素朴な疑問&質問)

随時追加していきますので、twitterなり、facebookなり、コメント欄なりに、ご意見ガンガンお寄せ下さい!

  • JavaScriptでのクラス化の方法
  • エディタは何がいいの?
  • ASとJSの速度の違いは?
  • ASとJSの通信はどうやんの?
  • JSでゲーム作ってみたんですが…
  • 先日のGoogleロゴのアニメーション、スゲ~!(@rettuceさんが素敵な記事を書かれていますね!)

発表内容は、このリストから選んで頂いて、もちろんOKです。

今のところ、こんな感じを予定しております。

ASとPythonの書式の違い


最近少しずつですが、Pythonのお勉強をしています。

ActionScriptとPythonの書式の違いを、既に@bao_baoさんがお書きになっていますが、自分自身の勉強の為にも、メモしておこうかと…

一行コメント

ActionScript

// 一行コメント

Python

# 一行コメント

複数行コメント

ActionScript

/*
複数行のコメント
複数行のコメント
*/

Python

"""
複数行のコメント
複数行のコメント
"""

”’(シングルクォーテーション三つ)でもOK。

変数の宣言

ActionScript

var hoge:String = "ほげほげ";

Python

hoge = "ほげほげ"

関数の宣言

ActionScript

function hoge(str):void{
	trace(str);
};

hoge("こんにちは");

ActionScriptの場合、このように書くことも出来る。

hoge("こんにちは");

function hoge(str):void{
	trace(str)
};

Python

def hoge(str):
	print str

hoge("こんにちは")

Pythonでも先のActionScriptのときのように書いてみると…

hoge("こんにちは")

def hoge(str):
	print str

(defを使って)関数を宣言する前に書いてしまうと、エラーになる。

セミコロン

ActionScript

function hoge(str):void{
	trace(str);
};

hoge("こんにちは");

ActionScriptの場合、コードの区切りを明確にする場合、セミコロンをつける。

Python

def hoge(str):
	print str

hoge("こんにちは")

Pythonでは、コードの区切りは改行で行っているので、セミコロンをつけなくても良い。

ASを書いているときの癖でセミコロンをつけてしまっても、エラーにはならない。

スクリプトファイルのエンコーディング指定

# coding: UTF-8
# coding= utf-8

エンコード名は、大文字でも小文字でもどちらでもよい。(書式をどちらかで統一した方が良さそう)

テストするなら…

きちんと動作するのか、ちょっと確かめたい…といった場合、(もちろんコマンドプロンプトでもいいけれども)Python(command line)を使うと、便利。

コマンドプロンプトを使う時のように、まずはcd と書いてディレクトリを移動しなくても、すぐにコードを試すことが出来る。

あとXPで、Python(command line)&コマンドプロンプト使う場合、半角/全角ボタンだけでは、日本語入力になってくれない。

そんな時は、Alt + 半角/全角 を押すと、日本語入力が可能になる。

Home > Archives > 2011-05

Search
Feeds
Meta

flashDevelopスポンサー

Return to page top