Home > ActionScript3.0 | FlashDevelop | Progression | Works > Progression4用FlashDevelopテンプレート

Progression4用FlashDevelopテンプレート


Progression4 Beta版がリリースされましたね!

takaさん、開発ご苦労様です!

以前のバージョン(Progression3)の際、minomix.netのminoruさんがお作りになった(Progression用)FlashDevelopテンプレートファイルのヘビーユーザーだった僕。

Progression4(Beta版)がリリースされたということは、これから皆さん、徐々にProgression4へと移行していくことになるかと…

そこで、Progression4用のFlashDevelopテンプレートを作ってみました!

まぁ、作ったといっても、templatesフォルダの中のソースをコピペして、ちょっとだけ手を加えただけなんですが…

使い方

使い方は、Progression3用テンプレートの場合と同じです。

ダウンロードしたファイルを、FlashDevelopのTemplates>ProjectFiles>AS3Projectフォルダの中に、フォルダごと(Progression4)入れちゃいます。

ちなみに、僕の環境(Windows XP)だと、パスはこんな感じです。

C:\Documents and Settings\UserName\Local Settings\Application Data\FlashDevelop\Templates\ProjectFiles\AS3Project

で、FlashDevelopを起動させます。

Projectパネル上で、クラスファイルを追加したいフォルダの上で、右クリック。

プロジェクトパネル上で右クリック

Addにマウスオーバーすると、隠れている項目が表示されます。先の手順を行うと(AS3ProjectフォルダにProgression4フォルダを入れる)、Progression4が表示されているかと思います。

Addにマウスオーバーする

Progression4にマウスオーバーすると、追加可能なファイルのリストが表示されるので、選択します。

追加したいクラスファイルを選択

選択すると、以下のようなダイアログボックスが表示されるので、ファイル名を記述します。

ダイアログボックスにファイル名を記述

すると、ファイルが追加されます。

追加されたファイル

@authorとかって何?

キャプチャに@authorとか、@seeとかが表示されているかと思います。

クラスファイルを作成する度に、作成したのは誰とか、コード書いたのは何時とか、バージョンは…とか書くの面倒ですよね?

そんな場合に、Custom Argumentsを使ってFlashDevelop側に設定してしまえば、あとはファイルを作成すると、自動的に記述してくれます。

Custom Argumentsを使う

Tools>Custom Argumentsを選択します。

Custom Argumentで各種設定

こんな感じで、テンプレート側の設定に合わせて、keyとvalueを設定してあげます。

key value
DefaultUser flabaka
EMail flabaka あっとまーく gmail.com
See http://flabaka.com/blog/
Version 1.0.0

dateは、Custom Date and Time Format Stringsを使って取得しています。

ここらあたりは、お好きにカスタマイズしちゃってください!

prmlですが…

PRML形式のXMLファイルを作成したいって場合、シーンエディタパネルを使った方が楽かと思いますが、(IDE側に戻って作業するのは面倒なので)どうしてもFlashDevelopで済ませたいという方。

以前のエントリ『はじめてのテンプレート』にも書きましたが、僕が作ったテンプレートは、フォルダ上でクラスファイルを作成すると便利な様に作成してあります。(この場合は、scenesフォルダ)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<prml version="2.0.0" type="text/prml.plain">
	<scene name="index" cls="flabaka.scenes.IndexScene" title="トップページ">
		<scene name="SCENE_NAME" cls="flabaka.scenes.CLASS_PATH" title="トップページ | SCENE_TITLE"/>
	</scene>
</prml>

こんな感じで、cls属性にflabaka.scenesと補完されます。

絶対scenesじゃなきゃ駄目って訳ではないです。(sceneフォルダを作成して、同様のことを行えば、cls属性はflabaka.sceneになります)

ダウンロード

ダウンロードは以下からどうぞ。

zipの方
こちらからダウンロード
svnの方
http://trac.progression.jp/svn/experiments/flabaka/FD_templates/Progression4

追記(2010/03/15)

MyCommand.asのcloneの箇所

public override function clone():Command {
	return new MyCommand( this );
}

上記のようになっていたものを、下記のように修正しました。

public override function clone():Command {
	return new $(FileName)( this );
}

Comments:4

minon 09-09-17 (木) 19:13

どもども。
progression3のときのFDTemplateを作った人です。
やろーと思ってたら先越されちゃいましたねーw
作る手間省けてラッキーと思ったのは秘密です。

あつのすけ 09-09-17 (木) 19:35

>minonさま

コメントありがとうございます〜!

今回もminonさまがお作りになるかな? とは思ったのですが、FDの(テンプレート作成の)勉強がてら、勢いに任せて、作っちゃいました。

今後とも、宜しくお願い致します!

9re 10-03-14 (日) 3:13

ども!!
FDのテンプレートの勉強にも
progressionの便利ツールとしても役立たせて頂きました

もうすでにお気づきかもしれませんが
リンクから取れるzipの

MyCommand.as.fdt内

public override function clone():Command {
return new MyCommand( this );
}


public override function clone():Command {
return new $(FileName)( this );
}

ということでよろしいでしょうか?

atsunosuke 10-03-15 (月) 11:47

>9reさま

コメントありがとうございます~!

ご指摘頂きました通り、MyCommand→$(FileName)ですね!

全く気がついてませんでした…

zip&svnの両方とも、修正しておきました!

ありがとうございます~!

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:2

Trackback URL for this entry
http://flabaka.com/blog/wp-trackback.php?p=1658
Listed below are links to weblogs that reference
Progression4用FlashDevelopテンプレート from flabaka
pingback from [お知らせ] Progression 4 関係のエントリー « blog.progression.jp 09-09-20 (日) 18:26

[…] / Progression4用FlashDevelopテンプレート flabaka / コンポーネントアシストを使う時に注意すること flabaka / […]

trackback from planet-ape|blog 09-11-16 (月) 1:46

FDTでProgression4用のテンプレートを作ってみた

FlashDevelop(FD)にあるProgression4用のテンプレート機能拡張がうらやましかったので、FDTでも同様のことが出来るようなテンプレートを作ってみました。

asエディタをFDからFDTに移…

Home > ActionScript3.0 | FlashDevelop | Progression | Works > Progression4用FlashDevelopテンプレート

Search
Feeds
Meta

flashDevelopスポンサー

Return to page top