Home > Away3D | Away3DLite > Away3Dのテンプレートを作ってみた

Away3Dのテンプレートを作ってみた


Away3DLiteには、away3dlite>templatesフォルダの中に、Away3DLiteを始めるのに簡単なテンプレートファイルが幾つか入っています。

これを使うことで、ちょっとAway3DLite試してみるか…といった事が簡単に出来ちゃいます。

でもこのテンプレートファイルは、Away3Dにはないんですよねぇ…

前々から「Away3Dにもテンプレートファイルがあったら、便利だよなぁ」と思っていて、日曜日にFlashup 第12回に参加してきたこともあったので、テンプレートファイルを作ってみました。

作ったと言っても、(Away3DLiteと同じ感じで使えるようにする為)8~9割はAway3DLiteのテンプレートと同じコードなんですけど…

ダウンロード

使い方

BasicTemplate.asというファイルをダウンロードしてきて、同一階層にMainというクラスファイルを作成。

package 
{
	import away3d.primitives.Cube;
	
	/**
	 * @author flabaka
	 */
	
	public class Main extends BasicTemplate 
	{
		
		private var cube:Cube
		
		override protected function onInit():void {
			cube = new Cube();
			scene.addChild(cube)
		}
		
		override protected function onPreRender():void {
			scene.rotationY += 2;
		}
		
	}
	
}

これをコンパイルすると、Cubeがくるくる横に回転します。

ちょっと試したいんだけど、View3DとかScene3DとかCamera3Dとか毎回作るの面倒くさいよね! って人には、ちょっとだけ便利かも…

それは、まぁ、僕なんですけど…

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://flabaka.com/blog/wp-trackback.php?p=3475
Listed below are links to weblogs that reference
Away3Dのテンプレートを作ってみた from flabaka

Home > Away3D | Away3DLite > Away3Dのテンプレートを作ってみた

Search
Feeds
Meta

flashDevelopスポンサー

Return to page top