Home > Away3D | FlashDevelop > enableParserを使って、ファイルサイズを抑えてみる

enableParserを使って、ファイルサイズを抑えてみる


前回のエントリで、以下のようなコードがありました。

Parsers.enableAllBundled();

enableAllBundledを使うことで、各種ファイル形式のパーサーを一度に読み込んで使えちゃうんですが、これだとファイルサイズが肥大化してしまうみたいです。

away3d.loaders.parsers>Parsers.asファイルに、英語のコメントが書かれています。

ざっくり意訳してしまうと、以下のような感じになるかと…

enableAllBundledを使うと、全てのパーサークラスを読み込んでいるので、SWFのファイルサイズが50~100KB増えちゃいます。読み込むファイル形式を制限して、個別にAssetLibrary.enableParser()を使ってあげると、SWFのファイルサイズはいい感じになりますよ

検証してみた

SWFのファイルサイズがどれだけ違うのか、検証してみました。

検証したデータは、先の英語の記事からDL出来るもの(Loader3Dを使って.awdファイルを読み込む)です。FlashDevelopを使って、デバッグとリリースの両方で試してみました。

//Parsers.enableAllBundled();
//enableAllBundledではなく、個別にファイルを読み込む
Loader3D.enableParser(AWDParser);
Loader3D.enableParser(AWD2Parser);
  デバッグ リリース
Parsers.enableAllBundled() 255K 113K
Loader3D.enableParser(AWDParser) 210K 92K
Loader3D.enableParser(AWD2Parser) 204K 90K

サンプルではLoader3Dを使っていたので、それで検証してあります。

AWDParserとAWD2Parserでの違いですが、AWDParserはAWD1ParserとAWD2Parserのラッパークラスなので、その分若干ファイルサイズに違いが出ているっぽいです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://flabaka.com/blog/wp-trackback.php?p=3495
Listed below are links to weblogs that reference
enableParserを使って、ファイルサイズを抑えてみる from flabaka

Home > Away3D | FlashDevelop > enableParserを使って、ファイルサイズを抑えてみる

Search
Feeds
Meta

flashDevelopスポンサー

Return to page top