flabaka blog

2020年5月

Tips vps

Linuxのlsコマンド

cd /etc/nginx/conf.d
ls

こんな書き方をしなくても、

ls /etc/nginx/conf.d

この1行でOKということを学んだ。


nginx vps

さくらVPSのスタートアップスクリプト(Let’s Encrypt)を使ってみる

さくらVPSのマニュアルを見ていると、スタートアップスクリプトなるものがあって、それを使うとインストールの手間が省けるみたいだったので、試してみることに。

今回使ってみたのは、Let’s Encryptというスクリプト。
これを使うと、NginxとSSL証明書の設定などが出来ちゃうというものらしい。

OSのインストール時にスタートアップスクリプトから『Let’s Encrypt』を選択する。

インストールが完了したら、ブラウザから(httpとhttpsで)アクセスしてみる。

色々な記事を参考にさせて貰うと、Nginxの設定ファイルは以下にあるとのこと。

/etc/nginx/nginx.conf
/etc/nginx/conf.d/default.conf

このどちらを見ても、サーバ証明書へのパスや秘密鍵の記述などが書かれていない。

なのにhttps接続が出来ている。何故?

別ファイルに書かれていた

試しに以下を実行してみた。

cd /etc/nginx/conf.d/
ls

するとディレクトリ内に、default.confの他にhttps.confなるものが存在していた。

cat https.conf

このファイルに設定が色々書かれていた。

納得。