flabaka blog

vps

nginx Tips vps

WordPressのテーマファイルを、さくらVPSのGitでバージョン管理してみる

WordPressのテーマフォルダを、さくらVPSのGitでバージョン管理してみようかな~と思い立ったんですが、ハマったことがあったので、忘れないように残しておこうかと…

とても参考になった記事

こちらの記事を読んで、一通りやってみました。
自分の場合は、WordPressのテーマフォルダ以下をGitのバージョン管理対象に置きたかったので、多少異なりますが…

// 上記の記事と同じく、home/flabakaにリポジトリを設置する
cd /home/flabaka
mkdir repos
cd repos
mkdir flabaka.git
cd flabaka.git
git init --bare --shared

今回、WordPressのテーマフォルダ名がflabakaなので、gitのディレクトリ名も同名にしてみました。
ちなみにここで設定したディレクトリ名が、後にpullした際に作成されるディレクトリ名になります。
次に公開ディレクトリに移動して、クローンするんだけど…

//公開ディレクトへ移動
cd /公開ディレクトリ/wp-content/themes/flabaka/
git clone /home/flabaka/repos/flabaka.git

wp-content/themes/flabakaのフォルダ内は、空っぽにしておきます。
で、SourceTreeとかターミナルから、ファイルを登録→コミット&PUSHしておきます。

// pullしてみる
//↓ディレクトリ移動する必要がなければ、省略
cd /公開ディレクトリ/wp-content/themes/flabaka/
git pull

これを実行すると、themes/flabaka/flabaka/となってしまって、フォルダ毎pullしてきてしまいます。
フォルダ以下(functions.phpなどのファイル)だけ取得したい場合どうすんのって?

一つ上の階層にすれば解決?

clone設定するパスを、wp-content/themes/flabaka/ではなく、wp-content/themes/にすれば、フォルダ毎pullしてきても、wp-content/themes/flabaka/になるからいいのかも? とか思ったけれど、clone設定する際にはディレクトリを空にしておかなければ駄目。

テーマフォルダ内にはデフォルトで、twenty〇〇とかが存在しているので、どうしたものかと…

cloneする際のパスの設定を変更すれば解決!

とても参考になった記事

なるほど~ってことで、公開ディレクトリに移動してクローンする際の設定を変更します。

//↓ディレクトリ移動する必要がなければ、省略
cd /公開ディレクトリ/wp-content/themes/flabaka/
#git clone /home/flabaka/repos/flabaka.git //この記述を変更する
git clone /home/flabaka/repos/flabaka.git .
git pull

ディレクトリ名にカレントディレクトリ(.)を設定すると、必要なファイルのみpullしてくることが出来ました。

自動デプロイの設定

/home/flabaka/repos/flabaka.git/hooksフォルダ内にpost-receiveファイルがないので、フォルダ内のファルを複製&リネーム or 新規作成するなどして、自動デプロイの設定を記述すればOK。


Tips vps

yumを使ってphpMyAdminをインストールしてみたら…

yumを使ってphpMyAdminをインストール&ログインしてみたところ、以下のエラーが…

  1. 設定ファイルに、暗号化(blowfish_secret)用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。
  2. $cfg[‘TempDir’](/var/lib/pypMyAdmin/temp)にアクセスできません。phpMyAdminはテンプレートをキャッシュすることができないため、低速になります。

暗号化(blowfish_secret)用の非公開パスフレーズの設定

usr/share/phpMyAdminフォルダ内にあるconfig.sample.inc.phpを複製→config.inc.phpとして、パスフレーズを設定するという記事があったので、

ls usr/share/phpMyAdmin

としてみたものの、config.sample.inc.phpがないと言われる…

その記事はzipファイルを展開して…というだったので、yumを使ってインストールした場合はパスが違うのかな? と思い、調べてみると…

CentOS6でyumインストールしたphpMyadminのエラーを消す

yumを使ってインストールした場合、やはりパスが違うとのこと。

ls /etc/phpMyAdmin

config.inc.php、発見。

blowfish_secretに値は設定済み→(設定済みだけど)エラーは出ている→パーミッションを変更してあげると、エラーは消えました。

$cfg[‘TempDir’](/var/lib/pypMyAdmin/temp)にアクセスできません。

tempフォルダを作成してあげればいいとの記事があったので、早速試してみる。

ls /var/lib/phpMyAdmin

tempフォルダは存在していたので、これもパーミッションの問題かな? と思い、(blowfish_secretと同じ様に)パーミッションを変更すると、このエラーも消えてくれました。


Tips vps

Linuxのlsコマンド

cd /etc/nginx/conf.d
ls

こんな書き方をしなくても、

ls /etc/nginx/conf.d

この1行でOKということを学んだ。


nginx vps

さくらVPSのスタートアップスクリプト(Let’s Encrypt)を使ってみる

さくらVPSのマニュアルを見ていると、スタートアップスクリプトなるものがあって、それを使うとインストールの手間が省けるみたいだったので、試してみることに。

今回使ってみたのは、Let’s Encryptというスクリプト。
これを使うと、NginxとSSL証明書の設定などが出来ちゃうというものらしい。

OSのインストール時にスタートアップスクリプトから『Let’s Encrypt』を選択する。

インストールが完了したら、ブラウザから(httpとhttpsで)アクセスしてみる。

色々な記事を参考にさせて貰うと、Nginxの設定ファイルは以下にあるとのこと。

/etc/nginx/nginx.conf
/etc/nginx/conf.d/default.conf

このどちらを見ても、サーバ証明書へのパスや秘密鍵の記述などが書かれていない。

なのにhttps接続が出来ている。何故?

別ファイルに書かれていた

試しに以下を実行してみた。

cd /etc/nginx/conf.d/
ls

するとディレクトリ内に、default.confの他にhttps.confなるものが存在していた。

cat https.conf

このファイルに設定が色々書かれていた。

納得。