Home > OSC

OSC Archive

Flash AS3 TUIO Client を使ってみる(1)


先月大阪てら子にお邪魔した際、vispとMIDIキーボードを使って単音を出すことは出来たけど、和音を出すのに苦労している…という話をしたら、「vispよりも、OSC使ったら出来るかも…」とのアドバイスを頂きました。

Flashで使えるOSCライブラリ

Google先生で探してみると、floscが出てきます。

続OOP本にも、floscを使った例が掲載されていますね。

これでやろうかな? とか思ったんですが、探しているとTUIOっていうものもあることが判明。

マルチタッチ用っぽい(?)けど、何だか楽しそうだから試しに使ってみることに…

TUIOのFlash・AS3で使う情報は、以下に掲載されています。

TUIOを使ってみる

まずはビデオの下にある「principal TUIO Flash Resources」のTUIO/FLC gatewayを試してみました。

TUIO/FLC gatewayのリンク先から、udp-flashlc-bridgeをダウンロードしてきます。

Macの場合、ターミナルを立ち上げる→ディレクトリを移動→udp-flashlc-bridgeを実行→testフォルダ内のTuioTest.swfをFlash IDEで開いてあげると、trace文が表示されました。

Windowsでも同じ手順でやってあげればいいだろう…と思ったので、コマンドプロンプトを立ち上げる→ディレクトリを移動→udp-flashlc-bridge-winを実行してみると…

“udp-flashlc-bridge-win”は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません

うむ~どうしたものか? と思っていろいろググってみると、解決策が見つかりました。

Forumnに「Windowsでudp-flashlc-bridge-winを走らせるには、どうしたらいいの?」という質問があって、それに対する回答が、「拡張子を.exeに変更してあげるといいよ!」と書かれていました。

なので、udp-flashlc-bridge-winをudp-flashlc-bridge-win.exeとリネームして、コマンドプロンプトからこのexeファイルを実行してあげれば無事起動しました。

拡張子をexeに変更して、コマンドプロンプトから実行

(Macの時と同様)testフォルダ内のTuioTest.swfをFlash IDEで開くと、connected as: _OscDataStreamとtraceされました。

MIDI機器との連携でもこれが使えるのか分からないけど、メモがてらのエントリ。

ホーム > OSC

Search
Feeds
Meta

flashDevelopスポンサー

Return to page top