Home > Archives > 2011-12

2011-12

札幌でひとりMt.Flashしてみた


外はマイナス2度とか言ってるし、家の周りは雪ががっつり積もってる。

猫は炬燵で丸くなるじゃないけど、このままでは食っちゃ寝の自堕落な生活に陥りそうだったので、NAC札幌というクライミングジムに行ってきました。

Google先生情報によると、このジムはトップロープエリアがかなり充実しているみたいですが、今回は(ハーネスを持ってきていないし、一緒に行ってくれる人がいなかったので)ボルダリングのみでの利用でした。

終日利用しても、料金は1300円とか…(安っ!)。

札幌の相場って、このくらいなんですかね?

NAC札幌のボルダリングエリア

いつも行っているジムと比べると(ボルダリングエリアは)それほど広くなく、テープ課題の量も少なかったですが、その分変化に富んだ壁が多く、結構楽しめました。

休み期間の間に、あと1~2回行っちゃおうかなぁ…とか思ったり。

当初、石山緑地のボルダ壁も見に行こうかな? とか思っていたんですが、雪が積もっているので今回は断念。

AwayPhysicsを使って衝突判定をしてみる


Away3D 4とAwayPhysicsを使って衝突判定をしてみました。

AwayPhysicsは、GitHubからダウンロードしました。

GravityBall

AwayPhysicsのサンプルの中にあるGravityTest.asを、ちょっと古いWindowsXPのマシンで動かしてみたら、FPSの値が一桁しか出なかったり…

マシンによって、かなりの速度差がありますね。

ソースは、ここに置いておきます。

もっといい書き方がありそうだけど、最初なのでこんなところで…

しばらくAwayPhysicsで遊ぼうっと!

★追記(2011/12/04)

オブジェクト(球体)の数を増やすとFPSがどのくらい出るのかを検証してみたので、追記しておきます。

2年くらい前に購入したWindows7の安いノートPCでの結果です。(細かい数値は切り捨て)

オブジェクト数 FPS ポリゴン数
100 60 6万
250 50 15万
500 25 30万

Home > Archives > 2011-12

Search
Feeds
Meta

flashDevelopスポンサー

Return to page top